パワハラと社会不安障害

パワハラと社会不安障害

近年、多くの人が社会不安に悩まされています。
社会不安とは人と接することが嫌いになり、常に人の少ない環境を好んだり、人前で話をしたり、初対面の人と接する際に過度に緊張する症状で、ひどい場合はふるえや発汗、頭痛、めまいや吐き気をもよおす事があります。
社会不安が原因でこういった症状が発症しているとはなかなか気がつかないため、多くの人が体調不良として悩んでいます。
社会不安になる原因は人によって様々ですが、多くの場合はストレスが原因とされています。
思春期の頃は周りの目が気になりますので社会不安になることもありますが、それは一時的な症状として改善することが多いですが、ある程度成人して社会不安になる場合、過度なストレスを感じている際になる場合が殆どのようです。
特に最近では職場等で問題となる、パワハラにて社会不安になる人が増えているようです。
職場の上司の嫌がらせにあったり、無理な仕事を上司から押しつけられたり、覚えのない責任をなすりつけられることで、ストレスが溜まり、社会不安となってしまいます。
社会不安になりやすい人は普段からおとなしい人で自分の意見をはっきりと言えない人だったり、人見知りをしやすい人の場合、悩みを相談する職場の友人や先輩もあまりいないために、パワハラを回避することも相談することもできず、自分の中で溜め込んでしまう人が多いようです。
社会不安を治すためにはこの様な環境を改善することも重要ですが、まずは治療を行い、社会不安の症状を改善することも重要です。
一人で抱え込まず、専門の医師に相談しましょう

関連ページ

格差社会と社会不安障害
不安障害という病気を知っていますか?不安障害は、日常生活を送れないほどの不安にさいなまれてしまう精神病のことです。ここでは、つらい不安障害と戦うための基本的な知識と治療法について解説しています。
子供の社会不安障害って?
不安障害という病気を知っていますか?不安障害は、日常生活を送れないほどの不安にさいなまれてしまう精神病のことです。ここでは、つらい不安障害と戦うための基本的な知識と治療法について解説しています。