格差社会と社会不安障害

格差社会と社会不安障害

日本の社会は大きく変化しつつあります。
従来までは大家族が主体となり、子供からお年寄りまでが助け合って生活していましたが、核家族化となり、両親が共働きで子供が一人家で留守番している家庭も珍しくありません。
夫の給料だけでは食べて行くことができず、母親も仕事をせざる終えない社会となりつつあります。
その背景には日本で生まれつつある格差社会が影響を与えています。
日本は世界でも有数の平等社会と言われています。
アメリカをはじめとする先進国やアジア、アフリカなどの発展途上国では格差社会は当たり前と考えられており、お金を持っている人が貧乏人を使う事が常識と考えられています。
それに比べると日本社会は格差があるとは言えませんが、確実に格差は広がりつつあります。
特に近年制定される法律は格差社会を助長するような法案が多く、社会不安が広がっています。
お金を持っている人はお金持ちに有利な政策を打ち出し、お金を持っていない人達はそれに従わざる終えない社会になりつつあります。
特に、近年派遣型の労働形態がとられるようになり、多くの人達が安い賃金で働かざる終えないシステムとなってしまい、若者を中心に将来に対する社会不安が急速に広がっています。
同じ仕事をしているにもかかわらず正社員は多くの給料をもらえ、派遣社員は少ない給料しかもらえないという格差は今後ますます広がっていくことでしょう。
働いても働いてもお金がもらえないシステムはもう既にできあがりつつあります。
社会不安が混乱を招く前に何か手を打つ必要があるのではないでしょうか。

関連ページ

パワハラと社会不安障害
不安障害という病気を知っていますか?不安障害は、日常生活を送れないほどの不安にさいなまれてしまう精神病のことです。ここでは、つらい不安障害と戦うための基本的な知識と治療法について解説しています。
子供の社会不安障害って?
不安障害という病気を知っていますか?不安障害は、日常生活を送れないほどの不安にさいなまれてしまう精神病のことです。ここでは、つらい不安障害と戦うための基本的な知識と治療法について解説しています。