不安障害,強迫性障害の解説

不安障害の知識記事一覧

不安障害の症状は?

不安障害の症状について、簡単に説明したいと思います。社会不安障害→外食、人と目が合う、知らない人に会うなど、普通の人はあまり緊張や不安を感じないような時にでも、強い緊張と不安を感じ、動悸、手足の震え、発汗、赤面、話せなくなるといった症状が起こります。全般性不安障害→人によって不安を感じる要因は様々で...

≫続きを読む

不安障害の克服法は?

不安障害の克服法として、様々な方法が考案されています。認知行動療法、森田療法、自己催眠法、自立訓練法、不安障害克服マニュアル、マインドサポートプログラムなど、一般的な治療法として行われているものから、カウンセラーやセラピストなどが独自に開発したものまで、色々あるのです。薬物療法や伝統的な精神療法では...

≫続きを読む

不安障害の治療について

不安障害の治療については、投薬による薬物療法が一般的です。薬物療法にカウンセリングを併せると、さらに治療効果があがるといわれています。お薬で症状を緩和して、カウンセリングでお薬がなくても不安障害の症状が出ないようにしていくという感じです。不安障害の治療は長引くこともありますが、決して治らない病気では...

≫続きを読む

不安障害の薬の種類

不安障害の薬の種類には、大きく分けると、抗不安薬と抗うつ薬の二種類あります。症状によっても違いますが、ベンゾジアゼピン系の抗不安薬や選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)などの抗うつ薬を処方されることが多いでしょう。社会不安障害の場合は特に、セロトニン再取り込み阻害薬が効果的だといわれています...

≫続きを読む